JDCA

  • 〔43名:2012年度時点〕

協賛会社

サポーター

ウェブページ

無料ブログはココログ

2011年4月11日 (月)

日本ろう自転車競技協会の部員から東北へのメッセージ

●日本ろう自転車競技協会会計担当一条 厚と申します。
東北協会の皆さん、精神的で落ち込まないで下さい。愛する東北だけでなく同じ日本人だから私も心から強く痛んでいます。私のお父さんも東北(仙台)生まれで、私は東北によくお世話になってます。悲しみより乗り越えて強く生きて、元気になって欲しい。何か困った事がありましたら自転車競技協会から協力したいと思います。遠慮なく言って下さい。お待ちしてます。

.

●東北友人の皆さんへ
こちら下防健太郎です。 昔からの友人がたくさんおり毎日、毎日、気にしてなりません。 しかし、東北人は東北魂という信念があり回復出来ることを信じています。 私達もここ日本が元気になるように頑張っています。近いうちにお会いして腹を割ってお話ししたいと思います。 まずは何があったら遠慮なく言ってください。お待ちしています。

.

●東北の皆さんへ
日本ろう自転車競技協会のメンバーの青野伸一と申します。
頑張るのは僕らの役目。今は一生懸命耐えて下さい。
「信じることさ 必ず最後に愛は勝つ!」

.

●東北の皆さん初めまして!!日本ろう自転車競技協会の峰 武史です。被災地での生活は、私たちの想像を絶するほどの苦労があるものと思います。しかし、復興の日は必ずやってきます!!その日が来るまで、決して諦めないで下さい。今、日本中が皆さんを応援していますよ(^○^)/

.

●日本ろう自転車競技協会の簑原です。みんなの力で前向きに生きていよう。私、それぞれ募金したり節電など協力しながら頑張っていますので、共に頑張りましょう。時間かけて必ず復興できることを信じてます。離れていても応援をしています。愛を込めて、パワーを送ります。

.

●日本ろう自転車競技協会の箭内秀平です。とても厳しい環境の中で生活を強いられている皆様、復興の日が1日でも早く来れるように祈っています。私たちにできることがあれば、どんどんやっていきたいと思いますので、遠慮なく頼ってください!日本の底力を信じています!私たちがいます!一緒に乗り越えていきましょう!

.

●東北のみなさん。こんにちは!日本ろう自転車競技協会、総務部長、宮田 大です。
大変な時をお過ごしの事と思います。絶対に明るい未来が待っています!だから諦めず元気でいて下さい。日本ろう自転車競技協会部員全員が東北のみなさんを、東北が復興出来るよう応援しています!!

.

●東北の皆さんへ
日本ろう自転車競技協会の強化部長の今村信也です。
大変な生活ですが絶対に諦めず一人だけじゃなくみんなの力を合わせて東北が復興するように頑張りましょう。関西も募金や節電なども頑張ってます。私の気持ちから応援をしています。

.

●こちら増田光広です。私には東北・宮城の血が流れています。非常に心が痛みます。
出来ますれば、私達がとうしたらいいかを、被災地のあなた方が陣頭指示されてください。
それに私達は従い、行動することでしょう。何も遠慮することはありません。

携帯電話があれば、DNN(デフ・ニュース・ネットワーク)をいつでも見ることが出来ます。
アドレスは、http://m.youtube.com/pvdjapan です。
DNNでは被災地の皆さんのニュース・ビデオ・写真を直接、全国のデフの皆さん
また世界中のデフの皆さんに発信することが出来ます。メールで連絡ください。お待ちしています。

.

●日本ろう自転車協会の関西会員の日高です。今回の地震津波災害は予想以上にひどくて何とも言えない気持ちです。連日のテレビ放送をチェックしていますが、少しでもお役にたてればと思い、カンパさせて頂きました。皆が一つになって応援しています!どうかくじけずにまた無事に皆と笑顔で会えることを信じています。

.

●福島出身の佐藤泰秀です。毎日ニュースを見る度に心が痛みかなり落ち込んでしまいますが、暖かい目で守ってくださる人達が沢山いますので、前向きに生きてください。東北の人たちはみんな力を纏められる力がありますので、新しい東北になれるように応援しています。

.

●大阪府の千葉です。
東北、そして岩手に生まれ育った私には、何も差し伸べることができないのが、正直にいって複雑な気持ちです。でも、わたしの出来ることをやっていくよ。
皆さん、辛いことがあるだろうが、私たちがいます。この町は新しく変わります。あなた達の力で。頑張ってくださいね。


.


●大阪府の小山より

被災者の皆さまへ
今は、大変でしょうが心一つになって、お互いに協力しあって乗り越えて下さい!! 私達も出来る限りのことはやっていきたい。 命を救われたことを感謝して強く頑張って生きてください。 エイエイオー!

.