« 【アジア大会】大会関連のウェブサイト | トップページ | 【デフリンピック】デフリンピック出場権GET!! »

2012年6月 6日 (水)

2012年6月3日〔箭内秀平〕

日本から応援していただき、ありがとうございました。
みんなで、もぎとった結果だと思います!!

私は、帰国してその翌日に全日本マウンテンバイク選手権に参加しました。
そのレポートを書きたいと思います。

一年に一回の、MTB最高峰の全国大会。Jシリーズとはちょっと違う。
上位の選手には、UCIポイントがもらえ、トップ選手はロンドンオリンピックへ。
Jシリーズでトップにあたるエリートクラスの上位選手と、プロ選手が大半を占める厳しい大会。

この全日本のよいところは、プロ選手と一緒に走れること!!!!
特に、ロンドンオリンピック出場決定の山本幸平(SPECIALIZED)さん。そして兄貴の山本和弘(CANNONDALE)さん。

Jシリーズで激しいバトルを演じた小野寺健(SPECIALIZED)さん、齊藤亮(MERIDA)さん。
久美さんが憧れている(?)松本駿(TREK)さん。
豪華なメンバーの中で、私はドキドキしながら最後尾でスタートの合図を待った。

3・2・1・GO!!

全日本4連覇中の山本幸平が独走!!

というか、みんな速い速い。最初の登り坂でみんなダンシング!!!

私もあせって食らいついていくが、レベルが全然違う!! ARIさんが沢山いる感じ。

でも足切りになってもいいから、プロの走りを間近で見ることを今日のテーマにした。

コースも、70%以上が登りというレイアウト。岩場、瓦礫セクションが増えた。登坂の最大傾斜は35%。

実に楽しいコースだったが、みんなの速すぎる走りで私の足は乳酸でパンパン。

全日本にふさわしい高速レースで、休ませてくれない!!

山本幸平が、独走状態。強すぎる。ラストラップでさらに追い上げる。まさかのアウターギアでゲレンデ坂を登る!!

私は2/7周目で足切りに。90%以上の選手(プロも含めて)が足切りになるくらい、幸平は速かった。

しかし、高速レースの中で私が苦手としていた富士見のロックセクションも無事にこなせることができて、自信がついた。

結果は、下から2番目・・・苦笑

日本のエース山本幸平は、全日本MTB5連覇達成。

王者の強さの秘密をちょっとだけわかった気がした。

それは貪欲さかな!!そして、チーム一丸になって戦おうとする姿勢。

後続組との差がかなり開いている最終ラップのとき、険しい表情で普通は力を温存するけど、幸平はガツガツ行ってしまう。

ゴール手前で、ファンやスポンサーの方々にハイタッチしてゴールした。私もあこがれの幸平にタッチしちゃった(^O^)

世界で、アジアも強いんだってことを示してやりたいということが伝わってきたレースだった。

片山梨絵(SPECIALIZED)さんも、全日本MTB女子9連覇!!!

下記は、私なりに分析。

①どんなに苦しくても、ガツガツ行く攻撃スタイル→山本幸平、齊藤亮
②見通しをもってレースをうまく作っていく頭脳スタイル→小野寺健、山本和弘
③ペースを崩さないで耐久戦に持ち込むスタイル→松本駿

全日本で結果を出せるようになれば、今以上に心肺機能や脚力が強くなるので、Jシリーズともうひとつ、この全日本を目標にしてこれからもトレーニングに励みたいと思います(^^)v

今後の課題は、重いギヤを回せる脚力を身につけることと、コーナーリングの29erテクニック。重いギヤ比で高ケイデンスをキープできるようにならないと、エキスパートクラスや世界ろう自転車で勝てないと思う。

さらに上へいきたい!!(^^)

家に帰ったときは、もうバタンキュー
ありがとう!!!!!

箭内

« 【アジア大会】大会関連のウェブサイト | トップページ | 【デフリンピック】デフリンピック出場権GET!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1462763/46971387

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年6月3日〔箭内秀平〕:

« 【アジア大会】大会関連のウェブサイト | トップページ | 【デフリンピック】デフリンピック出場権GET!! »