2011年7月 1日 (金)

カナダ世界戦時の写真の提供

カナダ世界大会に行ったみなさま、ラルフ理事からのお願いです。

提供が可能な写真をFaceBookなどでアップするなどご協力下さい。

宜しくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Hello, 

Hope you had a great time at Mt. Tremblant and had a good trip back home.

See video - http://www.youtube.com/watch?v=YatmXt0zERQ

I am sending this private email to you (and all others who went to the 2011 World Deaf Cycling Championships) to ask you to send your original 2011 WDCC photos to dVELO.com.

Let me explain why I am doing this. I was a WDCC athlete and Deaflympian. I saw people taking pictures of me and other Deaflympians during bike races. Unfortunately, I often could not reach these individuals after the race for copies of the pictures. It has been disappointing not to be able to share them with my children. Moreover, a French friend who was also a  cyclist asked me a few months ago if I had some photos of him during the 1985 Deaflympics in Los Angeles.  The only few I had but none of them of him  competing. I felt bad for him and I could imagine some other athletes felt the same.

Their frustrating experiences have prompted me to start creating a pool of photos to allow all participants to chip their original photos in and download pictures taken by others. Over 2000 photos and over 100 videos are now available for everyone.

I want to thank to 6 individuals – Eric McDuffie (USA), Bobby Skedmso (USA), Jean-Pierre Fauconnier (BEL), Delphine Michiels (BEL), Luis Carols Sanchez (COL) and Ota Pansky (CZE) – for contributing their photos and videos to us.

The link to photos and videos is http://www.flickr.com/photos/dvelo/collections/.

I hope you will join us and contribute your photos to us. With your help, they will be able to share their experiences with their families and friends.

Thank you.

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

2011年6月10日~15日〔今村信也〕②

◎50キロポイントレースレポート

ロードが終わって次の日、脹ら脛の痛みが残っていた…歩くと痛い…(TOT)
50キロポイントレースまで残り2日です。それまで疲労が取れるか不安になってます。
2日間でストレッチやマッサージなどしてくれたらボチボチ、痛みが消えてレースまで間に合いました(^_-)
サドルで調べるとやっぱり5mmくらい高いでした…(p_-)とりあえず、下がることにした。。(^_^;)汗
いよいよ
50キロポイントレースです。
出場するのは私のみ。以外は応援です(^^;)
一人ってちょっと、心細い……(笑)
まあ、気にしない気にしない(-_☆)
さて、50キロポイントレースは45周で回ります。2周回終了時のチェックポイント通過順に1〜4位通過者に得点を与えます。(1位5点、2位3点、3位2点、4位1点)ポイントはたくさん、集まったほうが勝ちというレースです。
スタート開始!!

コースはクリテウムみたいでスピードが速くてSカーブと90度カーブもあり、曲がる時もテクニックが必要です。もし、ミスや遠回りなどしてしまったら先頭集団が離れてしまう。
集団で千切れないようにギリギリ追う必要です。
ヨーロッパやアメリカなどの選手は瞬発力が私よりわずか上みたいでスタートから先頭集団の前に入ろうと作戦したらコースが狭くてなかなか、先頭の前に入らない(・・;)直進コースはサイクルコンピューターで見ると時速は50〜53キロ!?(゜Д゜)カーブで曲がる時も時速は45〜50キロ…(p_-)
頑張って先頭集団でずっと追いかけたが20周目から足が止まった…(/_;)
一回、千切れたけどもうダメと思ったら台湾の選手が私のため(同じアジアとして)に引っ張ってくれました。(^-^)三回くらい引っ張ってくれましたが35周目からもう、足が動かなくなった…ボチボチ、離れてしまう…(T_T)段々、一人旅になりました。頭の中にもうだめわ。リタイヤしたいと何度も考えたことがありましたが諦めず最後まで走ったら無事に完走が出来ました。順位はボロボロけど、諦めず最後まで走れたことを満足です。引っ張ってくれた台湾の人 ありがとう(^-^)
本当に世界ろう選手権はいい勉強になって次のアテネデフリンピックまで上位に目指して頑張りたいと思います。 みなさん、応援をして下さってありがとうございました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

アルバム

自転車競技協会メンバー限定のアルバム集

※閲覧する為にはパスワードが必要です。

◎カナダ世界選手権大会

◎琵琶湖合宿

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

2011年6月10日~15日〔今村信也〕①

◎106キロロードレポート
6月10〜15日にカナダ世界ろう自転車競技大会があって日本からは初めて世界選手権に4人が出場しました。実際は8年間くらいずーっと待ってました。デフリンピックでオーストラリアも台湾とも出たかったが日本ろう自転車競技協会がなかった為、出ることが出来ませんでした。何度も申請したが5人以上(理事長、総務部長など)登録しないと設立が出来ないようです…気持ちは諦めてから7年になって去年、東京にある日本ろう自転車競技協会の設立するって噂が聞いて驚きました。本当に奇跡です。世界ろう選手権に出れたのはみんなが集まってくれたおかげです。本当に感謝してます(^-^)106キロロードに出場しました。そのコースは山とか登ったりなどのイメージが思いました…がイメージが違ってサーキットみたいなコースで25周回るようでしたΣ(゜□゜;)ガーン
試走で走って見ると走りやすいな…と思ったら最後の急勾配(12%)な上り坂がありました(゜Д゜)さらに25周って心臓破りになりそう…(^^;)集団で離れたらもう追いかけないので千切れないように頑張るしかないと願えました。
スタート開始!!
あれ?ゆっくりになってる。まわりも見ると宮田さんや田村さんも一条さんもついて来てます。
よしよし\(^_^)笑
さて、上り坂とこ行くといきなり集団がアタック!?(゜Д゜)
千切れないように集団で追いかけて無事にホッとしてまわりが見ると宮田さんと田村さんと一条さんまで…いなかった(p_-)泣
上り坂だけじゃなく下り坂や平地などもアタックにしてくる。いつにアタックするかわからない。アタックしてる選手に無理な追いかけると足が疲れて最後に千切れるなど可能が高いから注意する必要です。
でも、ヨーロッパやアメリカなど何度もアタックしてくる(/_;)持久力だけじゃなく瞬発力が必要みたい。でも、日本から応援をしてくれてる皆さんと今まで練習で重なっていたのことを思い出して走るしかないと思い集団に追いかけました。
3周目で上り坂へ
アタックしたらまだ、3周目なのになぜが…右の脹ら脛が痙攣になってる…(T_T)待てよ。身体はまだ、走れるのに…なんで!痙攣!?とパニックになりました。痙攣ならないように抑えて走ってるがずーっとピクピクになってなかなか、抑えない状態です(TOT)原因は飛行機や車などの1日半くらい座り続けたせいかサドルが高すぎたせいか体調が悪いせいかわかりません。
上り坂に行くとさらにピクピクなり苦しい戦いでした。8周目まで集団に追いかけましたが右の脹ら脛はもう限界で少しずつ離れて9周目の上り坂から見事に千切れました(p_-)
少し心が折れたがみんなが頑張れ頑張れと応援してくれると気持ちが強くなって諦めず独走で走りながら17周目まで頑張ったが周回遅れで終了しました。
完走が出来ず残念です。
痙攣がなければ…まあ、結果は結果です。
でも、今まで健常者のロードレースにチャレンジしてきて世界ろう選手権は違っていい勉強になりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

2011年6月10日~15日〔田村聡〕

6月10‐15日にカナダモントリオールで日本から初めて世界ろう自転車競技大会に4人が出場しました。
レース前日に自転車トレーニング後、腰痛になってしまい、せっかく日本からカナダに来たのに。本番までに完治しない羽目になりました。

106キロロードレースに出たのですが、ダッシュする時、腰が痛くて、タイミングが遅れて、周回遅れとなり、レースを終了させられました。

ゴールまでに走りたかったが、力の違いを感じて、痛感しました。
ロードレースって、「逃げ」と「集団」の駆け引きの実戦が必要なので、世界戦レベルを知る事が出来て、いい経験になりました。
課題が見えてきたので、健聴者のロードレースの経験を積んで、次回の世界選手権やデフリンピックで世界に通用する力を身につけて、努力したい。

私、オフロードバイクをやっていて、MTBレースは興味があり、見学し、ロードレースとMTB両方出場選手がいました。ペダリング基本は共通なので、チャレンジしたいと思います。

心は20−30代の気持ちで若い人達に負けず頑張るつもりています。笑

応援してくださったみなさまに、ありがとうございました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日~15日〔一条厚〕

9日~17日まで大会が終わってカナダから無事に帰りました。

私は出場したレースの結果は25人中24位でした。

思ったよりヨーロッパとアメリカの選手達は最強集団なので、日本が勝てなかった。厳しい結果でしたけどいい経験になりました。二年後デフリンピックに向けて、心・体・技と鍛えて、もっと練習する様に頑張って行くつもりです。

皆さん、応援をありがとうございました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日~15日〔宮田大〕

◎宮田 大選手レポート

6月10~15日にカナダモントリオールで世界ろう自転車競技大会が行われました。その大会に日本から初めて世界選手権に4人が出場しました。周りはアメリカ、ヨーロッパなどの選手は体格も大きく、予想通りパワーの違いを感じました。健聴者の世界でもトップクラスの選手ばかり。

4人は106キロロードレースに出たのですが、私、宮田はレース序盤にスリップ落車して左肩を骨折してしまい激痛で再発走が出来ず棄権、自分のレースが出来ないままレースが終わってしまい凄く悔しい思いをしました。他の3人は最後まで頑張ったのですが徐々に周回遅れとなりレースを終了させられました。力の違いを感じて絶望感を感じたのですが、コロンビアから一人で来た選手は私達日本の選手達よりも小さくて細い、そんな選手がそのロードレースでは4位、翌日の1000メートルスプリントマッチレースでは堂々の2位。小さくても世界とやりあえる事を目のあたりにして燃えてきました。

最終日に今村選手が50キロポイントレースに出ましたが世界の強豪に屈する事なく完走してくれた事は凄く感動したし、日本チームにも勇気をもたらしてくれたと思います。

色々と課題はありますが2年後のデフリンピックは世界と五分に戦えメダルを獲れるチームを目指して頑張りたいと思います。

日本選手団を支えて下さったスタッフのみなさん、遠い日本から応援をして下さったみなさん、ありがとうございました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

<速報5>日本代表第二師団、無事帰国

日本代表のレースは全部終わり、先日無事に帰国することができました。

団体として初めての世界選手権に参加できたことは、とても誇りに思い、これからの日本ろう自転車界をもっと盛り上げるべく頑張っていきたいと思います。課題や反省点が見えてきたので、それに向けて、また次回の世界選手権やデフリンピックで世界に通用する力を身につけて、リベンジできることを期待しております。

応援してくださったみなさまに、感謝の気持ちを申し上げます。
ありがとうございました。

20110618

随時、日本代表の感想レポートや写真をアップしていく予定でいますので、是非見てください。今後ともよろしくお願い致します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

<速報4>ポイントレース

今村選手、レース終了しました。

28人中17位。

2011061601

2011061602

2011061603

2011061604

終盤に水分補充をサポーターから受ける場所のミスで痛恨のマイナス20ポイントで順位降格。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

<速報3>日本代表第一師団、無事帰国

本日、日本代表第一師団(田村選手・簑原さん・箭内)は無事に帰国しました。

明日は、今村選手のレースがあります。

疲れもとれてきて、万全な状態でレースに臨むことを願っています。

引き続き応援よろしくお願いします。

※写真を載せたいのですが、モントリオールではインターネットがつながりにくく、写真の載せ方が難しいので、宮田さんが帰国してから順次に写真を載せていきたいと思いますので、ご了承ください。

| コメント (0) | トラックバック (0)