« 2011年12月4日〔箭内秀平・宮田大・鈴木満美子〕 | トップページ | 2011年12月4日〔鈴木満美子〕 »

2011年12月 5日 (月)

2011年12月4日〔宮田大〕

第16回MTBクロスカントリーレース野田レースレポート

リザルト
個人ソロ60分
宮田
46人中33位(5LAP)

チームエンデューロ3時間
チーム名「宮田さんとゆかいな仲間たち」
すずまみさん、箭内さん、宮田
総合90人中53位(クラス別:36位)

初のMTBレース参加。しかも練習無しのぶっつけ本番。
課題のケイデンス力を養う為に参加しました。

レース後は愛車『エアチャリオット』号が愛しくなりました(笑)
それだけMTBコースは走りにくくてきつかったです。舗装されたロードや一般道を走る事がどんなに幸せだった事をレース後ヒシヒシと感じ取りました。

朝一に1時間ソロで出場、前日までの雨でコースがぬかるんでハンドリングもペダリングももの凄く大変。特にクリート無しで走ったから、ペダルも滑って凄く走りにくかった。憲太郎さんには『クリートをつけて走ってね』と前日にアドバイス頂きましたが、コースがぬかるんでちゃんと走れない感じで危険を試走で感じたのでクリート無しで走りました。憲太郎さんすみません。

ショートなアップダウンだけどなかなか急な板。この坂を上がるのにかなりのケイデンスとパワー。前輪にも重心をかけてやらないとコーナーや坂では後輪が滑ってしまう。バランスを養う面ですごく効果的。上り下りの際のコーナーでは後輪がずっと滑りっぱなし…バランスの悪さを実感。

1時間ソロ時はケイデンスを意識したのとハンドリングに集中してコースに馴れる事に専念してタイムは気にしませんでした。

3時間エンデューロは箭内さん、鈴木さん、私の順。
コースも少しすづ乾いてきて走りやすくなり、周を重ねるごとにラップタイムも短縮。14分、13分、12分と約1分すづ短縮。コーナーや難所でも滑らなくなってきた。
でも心拍数も上がりっぱなしでロードでは味わえない感じの苦しさ。

最終アンカーで12分くらいで回ってくればもう1周走れたのに前が三度も塞がってしまいタイムロス、ゴール直前で終了。目の前でロープを張られるという悔しさ。もう1周走りたかったな!

1時間ソロ時と同じ5周を走りました。MTBで1時間走る事はロードで3時間走るのと同じとの事。つまり6時間分走ったという事になるかな?

箭内さんのここ1年の成長、カナダ世界大会時のコロンビア選手の強さの秘密が解った気がします。

MTB、しんどいけど面白かったです。まだ走りたいと思いました。年内にもう一度チャレンジしたいと思います。

MTBバイク買おうかな(笑)

« 2011年12月4日〔箭内秀平・宮田大・鈴木満美子〕 | トップページ | 2011年12月4日〔鈴木満美子〕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1462763/43948835

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年12月4日〔宮田大〕:

« 2011年12月4日〔箭内秀平・宮田大・鈴木満美子〕 | トップページ | 2011年12月4日〔鈴木満美子〕 »