« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月29日 (木)

2011年12月18日〔一条厚〕

平成23年度埼玉県クリテリウム競技大会  第1戦

初級クラス2  5周15キロ  参戦36人中24位。

宮田さん、蓑原さん、得利くん、初出場としてレースで怪我、転倒せず無事に完走出来て、お疲れ様でした!
曽我さん、サポートを頂き、助かりました。ありがとうございました。

今村強化部長、レースのアドバイス、レース後の練習でのご指導をありがとうございました。

レース当日の前、一週間位ずっと練習してませんでした。理由は12月9日から娘が病気(嘔吐・下痢)の為、パパが看病しました。
病気の娘を優先にしたので11日レース大会に不参加し、9日~17日までずっと練習休みでした。

そして当日に練習不足でいきなりレースに出場するなんて不安で、最下位かも知れない、それでもいいからなんとか完走するように頑張りました。

スタートする前、余裕を持って、1時間位アップで走ったり、ダッシュで走ったり、繰り返しながら走ったりしたので心構えは十分でした。
スタート地点は真ん中で待機しました。そして、スタートしてから、先頭じゃなく中集団に5周までムダな体力を使わず、マイペースで走りました。3周目中、中集団の私の前に先頭より離れてた得利くんを発見!あと100m位、よし追いつけるぞ!と全開しようと思い、今村さんから「焦るな!あと1周目になったら全開せよ!」と指示を従いました。
そして5周目になってから全開したら、両腿がもう限界で得利くんを追いつけなかったが、このままで無事に完走しました。

私の欠点は(今村さんからアドバイス)
●集団で走る時、S字、カーブ多いコース内に上ハンドルを握ったままで頭が高いし、風の抵抗を受けた為、少し遅れた。
●ロボットのようなフォームがとても硬かった。

大会後、反省会として、峰さんの家の周りにある川の辺りで今村さんから皆さんにアドバイスしながら練習しました。

〇上ハンドルを握るフォームより下ハンドルを握るフォームが違って、下ハンドルを握りながら頭と身体が低め、腰とお尻が高め、練習。
〇下ハンドルを握りながらスマートのような走り方が練習。
〇2人対決でスマート練習。
お陰でフォームについてアドバイスを頂きました。
フォーム対して忘れず、毎日練習したい気持ちでありました。

次のレースは第2戦は1月8日ですが、その日は第2回選考会に参加するため、第3戦(1月28日)に参加する予定になります。(一条・宮田・篠原・得利)

皆さん、良かったら応援に来て下さい。宜しくお願いします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

練習会

関東地区練習会を、1/14と1/28に実施したいと思います。

1/14は峰が夜勤明けのため午後から開始、埼玉県戸田市の彩湖での周回練習。1/28は普段通りの八王子集合の練習会を予定しています。今回もアジアカップ予備エントリー者のみを対象としたいと思います。都合のつく方はご参加下さい。

現在、レース志向ではなくロードバイクを楽しむ方を対象とした練習会を開催出来ておりません。これから、そういった方向け練習会開催に向けての話し合いを持ちたいと考えております。どうか今しばらくお待ちいただくよう、お願い致します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

2011年12月18日〔得利雄介〕

平成233年度埼玉県クリテリウム競技大会  第1戦

初級クラス2  5周15キロ  参戦36人中21位

21位だったのは覚えていましたが、全員で36人か37人だったか忘れてしまって、レポートを書こうか悩んでしまいました苦笑

協会のHPを見たら順位がUPされていたので、レポートを書きました!

宮田さん、一条さん、蓑原さん、お疲れ様でした!
曽我さん、当日で皆のサポート、会場まで案内して頂きありがとうございました。
今村さん、レースのアドバイス、レース後の練習でのご指導ありがとうございました。

当日でのレースの反省点はスタートする前のポンジョン争いかと。
申込が少々遅れてしまい、自分がスタート地点に立ったときは1番後ろにいました。
スタートしてから先頭へ行くため体力を使い果たし、5周の内、2周半から集団から離れてしまいました。

スタートする前のポンジョン争いで良い場所に立てば、良い結果になった!とは思いませんが…
こういうポンジョン争いのも、レースの1つだなと思いました。

あと、カーブする場所があって、その場所に集団から離れて更に追いつく展開が繰り返してしまいましたが、
その時のフォームについてアドバイスを頂きました。

集団から離れると1人で走る状態みたいになり風の抵抗を受けることになるわけで、上ハンドルを握ったまま追いついたのは良くなかったようです。
下ハンドルを握ってなるべく風の抵抗を受けないように追いついた方が体力の消耗を抑えるだそうです。

あとは、自分に対して、しつこく言い聞かせているのが心肺機能の強化ですね。

このレースの第2戦は1月8日ですが、その日は第2回選考会に参加するため、第3戦(1月28日)に参加する予定になります。
その前に次のレースは1月3日の、ツインリングもてぎ100kmに挑戦します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

デフサイクルフェスティバル2011がDNNで紹介!

DNN2121(12/26 21:45)
デフサイクルフェスティバル2011デフサイクルフェスティバル2011 (チャリティーイベント)
2011年10月30日 東京都立大塚ろう学校
http://t.co/CEAmXu3u

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

2011年12月18日〔簑原由加利〕

【結果】
18km(周回コース一周3km)
14位タイム:34:10.246
31.61km/h

『クリテリウム』とは、公道や一般道路にて周回コースを作り自転車レース。

細い道で、円でなく四角ような周回コース。
スタートし
右直角を曲がって
走ったり、
また右直角を曲がって
走ったり
また右直角を曲がって
走ったり
またまた右直角を曲がったりするルートを走ったりして
これで一周。
4つの公道コースがある
大まかにこんな感じです。

前日の親睦会にて、モチベーション上げたおかげで当日は元気溌剌でした。
さてさて
スタート始めの後、スパートがなく、ほとんど気楽に走っているチームの状況を確認し、コミュニケーションをとっていたのを見て、何か作戦しているように見えた。
まさかと思い、とりあえず自分も油断しないようにしたが、アタックするタイミングが分からず。

縦に並んで走っていると、いきなり後ろから選手に抜かれスパート開始。私も何人かもついていった。

回りかけて
3周に入った瞬間、集団は速度が上がりスパート止まらず。
私も追いついた。
コーナーを曲がっても減速せずダッシュが続いた。

そしたら、だんだん脚の調子がおかしくなり‥あれ?
なかなか、追いつけない。

結局、脚がバンバン。
終い‥。

『ご安全に‥。』
脚が余分残っている集団トップを見送った‥

4~5周目は、一人ぼっち‥。

その後、前走者を見かけ、追いかけなきゃと切り替えてラストスパートしましたが無酸素で限界‥。
ダメだった。
でも無事に完走しました!

埼玉クリテリウムに参加された方、寒い中本当にお疲れ様でした。
そして応援に来られた曽我さん、強化部長今村さん、ありがとうございました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

2011年12月18日〔箭内秀平〕

abcカップ
(MTB XCレース)

バリバリ60クラス
5位入賞

本日は、いつもお世話になっているジャイアント店で働いている若いメカニックマンと一緒に参加した。

レース中、新しく取り換えたばかりのダブルクランクに手こずってしまい、表彰台を逃してしまった(^^;

しかし今年の2月は、32位だったので、すごく成長したと実感☆

宮田さんと同様、今日は2011年のレースを振り返る機会となった。そして、こうやっていつも仲間に自転車の報告ができることの幸せを忘れないで、また2012年もMTBもロードも今年以上に頑張りたいと思います!

サンクス!!(^O^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日〔宮田大〕

本日埼玉クリテリウムに出場してきました。昨年は4戦ともDNFを喰らったレース。あれから雪辱を誓って1年。

レース前のアップの仕方を今村さんから教わり私が今まで自転車競技レース前に行ってきたアップの仕方とは100パーセント違っていました。
私がマラソンに出場する時のアップとイメージが似ていて、その効果もあるのだと思います。
お陰で無事に21位で完走しました。

スタートから最終ラップまでは先頭グループについていきました。もうちょっと前に位置したいなと思いましたが、我慢。

最終ラップを迎えたコーナーで周回遅れの選手に進路を塞がれてちょっとブレーキがかかり先頭グループから突き放されてしまいました。既に追う脚も残っておらず、そのままゴールした感じ。トップからは22秒の差。

スピードがあるクリテリウムでは一瞬のミスが命取りになることを実感。

平均速度は36〓/h弱、昨年DNFを喰らい続けたのとは雲泥の差。登録者C1でも完走圏内。
次回はトップからの差を1桁にしたいと思います。

応援、アドバイス、コーチして頂いた今村さん、曽我さん、中島さんありがとうございました。

今日は自分の成長感じた記念日になったと思います。
まだまだ上にいきます!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日〔6名〕

毎年冬の恒例:埼玉クリテリウム第1戦

女子オープン クラス
参戦20人中14位 簑原 由加利 6周18キロ 0:34:10.246 Av, 31.61km

初級1クラス
参戦33人中21位 宮田 大 5周15キロ 0:24:24.936 Av, 36.86km

初級2クラス
参戦36人中21位 得利 雄介 5周15キロ 0:25:33.600 Av, 35.21km
参戦36人中24位 一条 厚  5周15キロ 0:25:40.750 Av, 35.05km

http://www.saitama-cf.com/result/20111218.pdf

20111218

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

2011年12月11日〔簑原由加利〕

12月11日
朝7時前に成田駅を出て会場へ。
外気温マイナス3で自走やめてバスで行きたくなるほど寒い朝‥。

色々の反省がいっぱいあったものの、聞こえない自分には、しなくてはいけないことを色んな学びました。

まずはTT個人レース。
私の出走時刻は8時6分ですが、この時間帯には急いで会場に向かって自走中でした‥。

着いたのは8時20分に、急いで受付に確認してみたら参加可能だそうで、8時26分に出走成功。制限ではないのが助かった!

速度記録30.45km

次は、【レディースH・10周で10km】
7人中6位ゴール認定
時刻予定より遅れなのか、男性クラスと同様スタートした為タイム無し

一周目は集団。
そのとき、左カーブに曲がるとき何故か私だけ左より右へ下手な曲がり方をしてしまいバランス悪く、失敗でした‥。
ミスして集団から離れてしまい、2~3周目に一人旅。

そこからガンガン走って
4周目~ラスト(10周目)に、抜かれ、抜けたりして三人が恰も5-7位者決定のようだ。

男性クラスの先頭トップグループと一緒による残り周の数めくりの為、残り周表示を見ても分からなくなった。
今何周??
周りを見ても掴めなかった。

私の後ろに6、7位者が並んでいました。

あの二人には、すぐ覚えやすい体格で、8月参戦した修繕寺レースのときに10分差負けてしまいましたが、今回はようやく追いついた。

しかし
何周かと気になって対戦の人を見ると、まだ終ってないんだと判断しちゃいました。

ああ見るどころじゃない!
思わず悪い姿勢したこと反省しております‥汗

最後は、
二人の速度が上がってたのを見て、ラストだと分かり、私もスピードを出しました。
二人を抜いてフィニッシュまで走りましたが、ゴール目前に、審判員からストップというサインあり、低速しようとしたら、思わず後者に抜かれ6位になってしまいました‥。

又しても5位の選手に負けてしまいましたが良い勝負ができて少し成長させてもらったと思います。

最後まで全力で走れば良かった。
中途半端だったので心残りです。

以上の言い訳となってしまいますが、紙一重の差により最下位になった気分でした。

6位入賞を頂きました。
写真撮ってくれてありがとうございます。拝見したく送信いただけますか(*^_^*)

17日もエンデューロ参戦なのですが、古傷と言える膝の調子が微妙。しばらく休ませるか、軽くトレーニングするのみ。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

2011年12月11日〔峰武史〕

【レース参戦報告】
JCRC最終戦in自動車大学校オープンLの部

TTの部:不参加のため全体のアベレージタイムを適用

レース:3位
最終順位:9位

1周1kのサーキットコースでヘアピンカーブもあるテクニカルなコース。私が参加したのは、JCRC登録者で3つのカテゴリー分けされたうちの1番下のLクラス。コースを10周、10kでした。

自動車大学校のサーキットコースは初体験。朝一のTTに参加せず試走も出来なかったため、コースが分からず不安を抱えながらのスタート。1、2周目はコーナーを上手く曲がれずコーナーで目の前の選手から遅れる。3周目で1人抜け出し、「あれれぇ~」と思っていたら宮田さんが抜け出した人を追いかけるように集団の先頭を引っ張り出した。明らかに無謀な行動だったがあの積極性は素晴らしいと思った。素直に嬉しかった。

抜け出した選手はすぐ集団にのまれ、宮田さんは力尽きて後ろに後退。4周目辺りから先頭集団が遅く感じられるようになった。これは今思うと、コーナーの曲がり方が分かったからだった。レース序盤は集団の真ん中にいたが、周りが遅くなり始めたので前に出た。5周目位で初めて先頭を引っ張り、以降6人位で頭を引っ張り合った。

ローテーションしながら引っ張り合い、いよいよ最後の1周。すると先頭を1回だけ引っ張り、あとは後ろでぬくぬくと他人の後ろに着いていた人が一人抜け出した。先頭集団にいた人は2、3回先頭を引いた。ちなみに私は3回引いた。「あの人ズルいよなぁ~」と思いながら、必死に追いかけるが追いつけない。やむを得ず2位狙いで一緒に走る残り4人との駆け引き。2人脱落し、残り1人とデットヒート。2人で先頭を走る人に迫る。しかし、私の脚が先に限界をむかえ私が3位に後退。そのままゴール。レースは3位でのフィニッシュ。

1番下のカテゴリーだったので、走った感じレベルが低いのは明白だったのであまり嬉しくはなかったが、久しぶりの表彰に満足していたが・・・・・・・、張り出されたリザルトを見てビックリ!!「峰 武史 9位」

「何で?」と思ったら、レースと朝1番で行われたTTに参戦しなかった私は、TT全体のアベレージタイムが私のタイムとなり、合計タイムで9位になってしかたたまったのです。

久しぶりの表彰を、事前にしっかり要項を読まない単純ミスで逃してしまいました。ただ今回は久しぶりに心の底からロードレースを楽しむ事が出来たので嬉しかった。
来シーズンはFクラスからのスタート。今回の結果に自信を持ち、来シーズンは積極的に一位を狙いたいと思う。そのためにこの冬場のトレーニングをしっかり行いますd( ̄  ̄)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日〔田村聡〕

JCRC最終戦NATSのレースレポート。

転倒負傷してしまった。。。悔しい。
ファーストタイマーH 10周 10km それはJCRC初参加、脚力認定希望者です。
レーススタート時刻予定より遅れて、スタートであと2分スタートを思ったけど、自転車から降りていたが、となりの選手から肩に叩いて、あと3~4秒と言われて、慌ててスタートしまい、先頭に届かず。
6周目に後半勝負しようと思い、コーナリングは他の選手のライン取りと違って、攻撃なライン取りを狙って、タイヤスリップしてあっという間に転倒しまった。
すぐに立ち上がって再スタートし、前タイヤが外れて、そしてパンクした。
ハンドルも大きく捻じれて、リタイヤ。惜しい。
左肩擦り傷、右手の親指の関節外側の靭帯が少し痛めた。
ジャージとグローブが穴になっちゃった。泣
スピードメーターを見たら、平均速度は約36km/h。
WOタイヤって、コーナリング性能が低いかな?チューブラーの方が安定感じる。
コーナリングのライン取りですが、モータースポーツ、アルペンスキー、自転車それぞれ違うねぇ。タイヤスリップ限界とか、今回はいい経験だと思う。
ファーストタイマーHよりオープンLクラス優勝者の方が速いと思ったが、意外にファーストタイマーHの優勝者の方が速い。16分台。Lクラスは17分台。
3位に峰さん、総合6位に簑原さん、おめでとうございます。宮田さん、お疲れ様でした。もてぎも頑張りましょう。
TT個人優勝者は48歳って、凄いです。
それから、スタートカウントがいれば、ありがたいと思う。
ケガを早く治って頑張っていきたいと思う。
今年は落車3回目です。ツイテいないな。魔除けお参りにいこうか?(^o^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

2011年12月11日〔宮田大〕

JCRC最終戦NATSのレースレポート。昨年レース未体験初級にて周回遅れ失格を喰らったレースですが、今回は経験者と一緒のオープンLクラス10周10キロ。今回も周回遅れの失格を食らうんじゃないかなとレース前から自信がありませんでしたm(__)m

レーススタート。ペースも落ち着いており1、2周目は落ち着いて集団の中でレースが出来ました。

3周目に入った頃に集団から飛び出した1人の選手を見て追いかけたのですが、先頭集団から抜けて頭に立ったので向かい風がキツく自分が潰れて自滅してしまいズルズル後退してしまいましたが、周回遅れを食らうことなく無事に完走。

レースが終わってからは最後まで落ち着いて集団の中でレースすれば良かったなと反省しましたが、先頭の1人追いかけて集団から飛び出した時はなぜか気持ちよかったです。でも脚がないので自滅してしまいましたが、集団走行に慣れてきたし、この攻める姿勢だけはこれからも持ち続けたいと思います。
反省しながらの帰り道で今後は自分がレースを作れる選手を目指したいと思いました。

オープンLクラス総合20位
平均速度は32〓くらい。
平坦なのに平均速度が低いのであれ?と思いましたが、平坦コースだけど直線が緩やかな坂にスピードが出る下りがヘアピンコースと全体的にスピードが出にくい癖あるコースだったなと私の分析の結果。下総クリテ時より全体的に平均速度が低めでした。

来週の埼玉クリテでも前へ前へを意識して攻めたいと思います。

Lクラスレースで3位に峰さん、総合6位に簑原さんでした。田村さんもお疲れ様でした。怪我を早く治してもてぎ、合宿で力を発揮出来るように調整して下さいね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

【アジア大会】第二次強化選手選考合宿

2012年1月7,8日に,第二次日本代表選出会を開催します。
詳細は,下記の通りです。選手だけでなくお手伝い,応援をしてくださる方も募集しています。日本代表を決める歴史的な日にあなたも立ち会ってみませんか?

◆第二次選出会について
期日:2012年1月7日(土)~8日(日)
場所:自転車の国サイクルスポーツセンター(修善寺)
内容:
・選出会内容は本部と峰監督との協議の上決定。決定次第発表します。
・選出会審判員は早瀬が担当
・バイクは基本的に持参すること。当日メンテナンスチェックあり。危険と判断された時は使用中止になる場合があります
・当日は起床から選考会終了までの行動,監督や審判員への対応,バイクの取り扱い,フォーム等もチェックします
・コースは他のお客さんも走っておりカーブに追突防止の柵が置かれているので安全面に注意して走ってください
・個別面談あり

◆費用:10000円
内訳:宿泊費1泊2食1人6900円,サーキット使用料1000円,自転車持ち込み料500円,雑費等1000円です。余りのお金は,今後の韓国視察の旅費に充てさせていただきます。※お手伝い及び応援の方は宿泊費のみです。

◆当日の流れ
1月7日(土)
・お昼までに自転車の国サイクルスポーツセンター駐車場集合(第一次選考会と同じ場所)
・ベロドロドーム(室内250mトラック)使用
・終了後に研修室でミーティングpart1
・19:00にサイテルにて晩御飯。(温泉の最終受付は20:00です)
・21:30~研修室でミーティングpart2

1月8日(日)
・9:00~14:00まで選考会。
※雨天(悪天候を除く)でも選手選考会を行う予定ですのでご了承ください。

◆その他
・男子代表枠については正確な代表枠はまだ確定はされていません。自転車競技が行われるかどうかもまだ確定されておらず今後韓国及びスポーツ委員会よりアナウンスあり次第すぐに本部よりお知らせします。ナショナル本部としては代表選手枠がどのようになっても対応できるように考えていきます。

◆強化選手選考合宿の申込フォーム

名前【  】
住所【  】
FAX番号【  】
連絡メール【  】
参加項目:【 】下記から1つ選んでください。
A.日本代表選手選出合宿(強化選手)
B.強化選手選出のお手伝いスタッフ

宿泊について:【 】下記から1つ選んでください。
A.1泊2日(これが基本原則です。)
B.泊らない(何日のみ参加)
C.遅れる(何日,何時ごろ?)

〆切日:12月12日までに,下記のアドレスに直接メールでお返事してください。
ナショナルチーム本部事務局
japan_deaf_cycle_national_team@yahoo.co.jp
〆切日を守ってください。では,よろしくお願い致します。

日本ろう自転車競技協会
ナショナルチーム本部事務局担当
箭内 秀平

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

第13回 ツインリンクもてぎ100kmサイクルマラソン

【第13回 ツインリンクもてぎ100kmサイクルマラソン】
今週金曜日が締切です!!

■開催日:2012年1月3日(火)
■締切日:2011年12月9日(金)
■開催地:栃木県芳賀郡茂木町 ツインリンクもてぎ
■種 目:個人ロードレース(100km)
■大会HP http://sunday-sunday.net/race/2012/0104motegi/2012MTG.htm
■WEB Entry https://jtbsports.jp/events/events-detail.php?id=1381

みなさん、参加しませんか?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月4日〔鈴木満美子〕

第16回MTBクロスカントリーレース野田

チームエンデューロ3時間
チーム名「宮田さんとゆかいな仲間たち」(大会当日はじめてしりました笑)

宮田さん、箭内くん、すずまみ
総合90組(90人ではありません(笑))53位(クラス別:36位)
土曜日までの3日間ずっと雨の次の日。いままでみたことのないコースに走り具合にかなりの冷や汗がでました汗汗汗
マイMTBデビューのりんちゃんとともに出場したものの、かなりすべるっ!すべるっ!わっ、くだり坂になぜ砂袋がいくつかあるのじゃ?2,3Mくらいの90度(と、わたしはそうみえた)の坂、ちゃりではのぼれないとおもえば手とあしでのぼりたくとも落ちる落ちる落ちるぅぅぅ、MTBもおちるおちるおちるぅぅぅ、ボルダリングをやるにしても石がないぞぉぉぉ…ナゼ…。
山道でも約50センチ(わたしの感覚で)のぬれぬれ道に木の枝がおいてあるだけじゃなく、枝が最初からあったり、そして丸太が2,3本たてにくっつけておいてあったり。うしろから人がくればよけたくともよけられる道までいくか、自ら崖からおりるか(そこまではなかったですが)とにかくりんちゃんをつかいこなせなかった、ということでした。とにかく生きて無事おわれたことが何よりでした大滝
MTBをやるにあたってこのコースはすごく勉強になりましたっ!!!みえてきた最大の課題は「恐怖心」です、これを「愉しさ」にかえていきたいと思います。
この大会でいただいた醤油、まさしく辛口ですねワラ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

2011年12月4日〔宮田大〕

第16回MTBクロスカントリーレース野田レースレポート

リザルト
個人ソロ60分
宮田
46人中33位(5LAP)

チームエンデューロ3時間
チーム名「宮田さんとゆかいな仲間たち」
すずまみさん、箭内さん、宮田
総合90人中53位(クラス別:36位)

初のMTBレース参加。しかも練習無しのぶっつけ本番。
課題のケイデンス力を養う為に参加しました。

レース後は愛車『エアチャリオット』号が愛しくなりました(笑)
それだけMTBコースは走りにくくてきつかったです。舗装されたロードや一般道を走る事がどんなに幸せだった事をレース後ヒシヒシと感じ取りました。

朝一に1時間ソロで出場、前日までの雨でコースがぬかるんでハンドリングもペダリングももの凄く大変。特にクリート無しで走ったから、ペダルも滑って凄く走りにくかった。憲太郎さんには『クリートをつけて走ってね』と前日にアドバイス頂きましたが、コースがぬかるんでちゃんと走れない感じで危険を試走で感じたのでクリート無しで走りました。憲太郎さんすみません。

ショートなアップダウンだけどなかなか急な板。この坂を上がるのにかなりのケイデンスとパワー。前輪にも重心をかけてやらないとコーナーや坂では後輪が滑ってしまう。バランスを養う面ですごく効果的。上り下りの際のコーナーでは後輪がずっと滑りっぱなし…バランスの悪さを実感。

1時間ソロ時はケイデンスを意識したのとハンドリングに集中してコースに馴れる事に専念してタイムは気にしませんでした。

3時間エンデューロは箭内さん、鈴木さん、私の順。
コースも少しすづ乾いてきて走りやすくなり、周を重ねるごとにラップタイムも短縮。14分、13分、12分と約1分すづ短縮。コーナーや難所でも滑らなくなってきた。
でも心拍数も上がりっぱなしでロードでは味わえない感じの苦しさ。

最終アンカーで12分くらいで回ってくればもう1周走れたのに前が三度も塞がってしまいタイムロス、ゴール直前で終了。目の前でロープを張られるという悔しさ。もう1周走りたかったな!

1時間ソロ時と同じ5周を走りました。MTBで1時間走る事はロードで3時間走るのと同じとの事。つまり6時間分走ったという事になるかな?

箭内さんのここ1年の成長、カナダ世界大会時のコロンビア選手の強さの秘密が解った気がします。

MTB、しんどいけど面白かったです。まだ走りたいと思いました。年内にもう一度チャレンジしたいと思います。

MTBバイク買おうかな(笑)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

2011年12月4日〔箭内秀平・宮田大・鈴木満美子〕

2011.12.4 第16回MTBクロスカントリーレース野田

20111204
リザルト
●個人ソロ60分
宮田さん 46人中33位(5LAP)
箭内 46人中5位(7LAP)

●チームエンデューロ3時間
チーム名「宮田さんとゆかいな仲間たち」
宮田さん、すずまみさん、箭内
総合90人中53位(クラス別:36位)

エンデューロはすごい楽しかったです!今回みたいに初心者でも気楽に参加できる大会があれば、ぜひみなさん一緒に!(^O^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月3日〔一条厚〕

冬の長良川クリテについて報告します。

リザルト

●3日・エンデューロ1時間・リタイア
●4日・個人ソロ3km×5周(15km)
・44人中 31位 23分58秒41 平均37,54km/h

長良川の土手の平地でロードレースです。
3日・エンデューロ1時間に参戦しました。
あいにくの雨で、3周目、後ろタイヤがパンクの為、リタイアしてしまいました。

4日・個人ソロ3km×5周(15km)は初めて短距離(スピード)に参戦しました。初めてだったので緊張しました。
まずスタートしてから、1.5kmまでゆっくり、左曲がってからいきなりスパートで、速かった。
先頭集団と一緒にスピード40km~51km/h位でまっすぐだけ走りました。それが短距離ロードレースなのか?と驚きました。

長良川で強風が吹いてるので、集団と離れたらきついから先頭集団と5周まで離れず、一気しながら走りました。
5周目(ライト)左曲がってからゴールまであと1.5kmに走行中、頭の中に新東名レースの時、箭内君が言っていたスパートの事を思い出しました。
先頭集団はあと何kmからスパート開始するだろうと意識してるうちに先頭集団が1km位からスパート始めた。
一気に走ったが、スパート力不足の為、先頭集団と離れてしまいましたがゴールしました。

●反省
スパートは力が足りないと出せないので、上り坂でスパート練習しようかなと考えてますが、今村さんへスパート強化する為に練習する方法を教えて下さい。

●ビデオ撮影
私の奥さんに頼んで、レース中、ビデオカメラを撮ってくれました。後はレース中私の姿のどこかに欠点があるかを改善しながら行きます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

2011年11月26日〔鈴木満美子〕

20111126ふじのくにCYCLE FES. 2011 in 新東名」

ままちゃり3時間エンデューロに早瀬、箭内、松橋、久美、わたしの5人でエントリー、山道とちがってとても平和を感じてしまった笑 ちょうど今年富士山初挑戦、初登頂!とあって富士山をみながら…と優雅にひたっている暇もなく一生に一度のタイムセールでかなりのお買い得だったため、それどころじゃなかった感じがしました笑
ロード、クロス、MTBなどといった枠をこえてぜひとも協会のみなさんとともにこのレースにて参加したらもっとたのしめたかなぁ、と。またこういう大会があればぜひ皆さん参加してみませんか☆
ロードレースに参加した皆さん応援ありがとうございます☆励みになりました☆
またこの大会にて16年ぶり?に同級生である早瀬、日高、わたしとの再会も果たせてよかったです、ありがとう☆次は1973チームかな(笑)

また合宿、選考会では監督や本部長さんが一人ひとりしっかりとみてそれぞれがよくなるための評価(ハート)をしていた部分では素晴らしいと思いました、この協会ならでのあたたかさ、ハートだなと
かつて水泳選手だったとき選考会段階でそこまで評価はなかっただけにこの環境はすごく恵まれているなぁと羨ましく、評価はめったにいただけないからこそ感動しました☆
日の丸を背負うからには相当の覚悟が必要なだけに、かなりのプレッシャーかと思います、この評価を喜びにかえられるようがんばってください!!!
監督や本部長、わたしたち仲間たちをはじめ、日本中のみなさんからしっかり見守られている(ハート)ことを☆

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日~27日〔曽我匡〕

月末に仕事が追われながら思うように練習ができないままの情状でした。

今回のレースは新東名のみ、後がないレースなのでどれだけ力を出せるか課題としてエントリーしました。課題としては15年トライアスロンやっており自転車競技ロードレースは初めてなのです。どんなレースなのか楽しみでした。別のチームとロードの練習会とトレーニングはしているがその違いを実感し味わう事でした。ショートトライアスロンのエリート時代はドラフディング経験はありましたが、2列か3列しかなかったのです。しかし今回レースは大集団に入り本当に圧倒的に巻き込まれそうだしドキドキいっぱいでした。集団からズルズルと離されからポツンポツンと列がめざしばかり、私、個人で走っているのもグループから声掛けられ列に仲間入りました。それは7~8人ぐらいの列を作りローテーション走行でした。初めての経験だけど一人一人の交代しながら助け合い、譲り合いスポーツマン
シップでした。最後のトンネル辺りにグループから離されてしまいハンガーノック状態になってしまった。無事にトラブルもなくフィニッシュ。
初めてのロードレースでしたが課題としては自分なりの経験させられました。またロードレースをさらに実感を増やして行きたい。

11月26日(土) 快晴
ふじのくにCYCLE FES.2011 in新東名
【リザルト】
95km 男子(一般 36~55歳 2部)
3:09:42:094  105位/177
【バイク】
バイク:TREK Madone 5.9    Limited Editionホイール:BONTRAGER
タイヤ:Panaracer
        EXTREME JET(TU)ドリンク:Electrolyte s          hotz HYDRTlON          LEMON
          carboshotz LE          MON
※レース4日前、チェーン交換、フリースプロケット洗浄、フリーハブを分解しグリスアップをメンテナンスしました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

ものしり会

新東名のリザルトが発表されました。
ママチャリエンデューロの男女混合はなんと53組が出場し日本ろう自転車競技協会は4位でした。

他にろう者のチームもたくさん参加していて、「協会はロードやMTBだけと思ったらママチャリもやるんですね」と言われました。

はい!その通り!自転車と名のつくものなら何でも楽しむのが私達日本ろう自転車競技協会です~。
近所の買い物からデフリンピックまで幅広いのが自慢?!

そこでお知らせです。2011年12月14日にものしり会の企画で自転車についてお話します。資料代500円で参加申込不要です。

競技だけでなく通勤、ロングライド、ポタリング、ツーリング、ママチャリなど様々な自転車の楽しみ方についてお話する予定です。メンテナンスについても実践解説しまーす。是非ご参加ください。

第62回 2011年12月14日水曜日午後7時~9時
テーマ:『自転車の世界~あなたも自転車生活を愉しみませんか?~』
講師:早瀬憲太郎氏
場所:東京都障害者福祉会館 
〒108ー0014 東京都港区芝5丁目18ー2
JR田町駅/地下鉄三田駅

自他と共に認める(?)チャリ博士 早瀬憲太郎でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日~27日〔藤野幹彦〕

ふじのくにロードレース参加した方々本当にお疲れ様です。
この大会、記録会の為に企画、進行、宿手配、記録要員してくれた箭内秀平、早瀬憲太郎、久美さん本当ありがとうございました。

ふじのくに新東名、選考記録会レポートです。
新東名ロードレースレポート
当初宿に手配し、早朝5時宿から発つ計画でした。同行するはずだった宮田さんと共にするでしたが、彼が自分なり決めたので直接大会会場に行くと断り、やむを得ず一人で行く予定でした。迫って来た一週間前に曽我君から情報を頂き、この計画を変更し、宿キャンセルし直接会場へ。真夜中2:00AM暗闇の中で到着し、高速道路のどん真ん中に車中で仮眠とりましたが十分にしなかったと思います。車中の周辺のガラスが結露びしょびしょ。
続々仲間と合流する事に。大会前にニューマシーンがまだ未完成のため代わりにレンタルバイクをかり(ギャ比53:23~12)かなり重いです。焦ってバイク足慣れ(80〓しかない)漕ぎましたが馴染まずスタートラインにするはめに。レース前にトップ集団と差5分過ぎたら失格という頭に入りどの位まで走るだろうなあ~と不安がありました。スタートでトップグループとつかまり、心拍上がって段々差がついて離れになり自分の旅で(寂しいです)そして審判員がセンターの位置で×サイン出しああ終わりかと。60〓地点で足止めになりました。ああ悔しい。。
関係ない話ですけれど、今回のレース名はふじのくにロードレースなんですが同姓で僕のくにという事が頑張る事が出来ずションボリ…
今回レースの課題
練習量を増やす位です。

選考会記録会レポート
昨日のレース後のペースダウンせず疲れが残り筋肉が固まっており動かなくて棄権となりました。凄く走りたいです。過去このコース廻っており11分台は走る自信があると確認しております。参加した連中は元気でパワフルがあって羨ましい限りです。

”二日参加して”感想
大会の中で一番印象残っているのは早瀬憲太郎さんで肩鎖骨骨折治療の中でエリート組に戦い抜いて最後まで行くとは。驚異です。普通は考えられないです。やはり体力でなく精神面が凄いです。見習いしたいもんです。ママチャリ耐入レースを応援してどうもチームワークがいいなあと印象受けましたり合宿所でミーティングの時峰監督が言われ通り”協調性”が重要だと感じました。例とたえるとママチャリチームメンバーだと思いました。今村さん心遣いありがとうございます。元気です。無事に帰られ何よりです。この経験を生かして今後トレーニングアップしたいと思います。

以上。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日~27日〔田村聡〕

ふじのくに新東名レースレポート

9月下旬にスラックラインのジャンプ系をやって、腰の負傷してしまい、10月に自転車トレーニング出来ない。ハメになっちゃった。ヤバイ!11月から開始し、約1300km走行したが、身体はまだ、調子が戻らない。
当日に期待と不安があった。
95キロ男子 一般36~55歳ですが、日本ろう自転車競技協会から最年長でござる。負けず!
先頭集団キープしながら、後半で勝負し、ゴール前にスプリント出来るような目標でした。
結局、未達成…。
8:23にスタート。30-40キロの地点に緩い坂を先頭集団の中に目前の選手とドラフティングを続けて、トップ集団が消えてしまった。集団が追いかけタイミングや全体的に見てなかった。惜しい。しばらく一人で風と戦いて、約8人で先頭交替しながら、緩い坂で私が先頭で走る事が多かった。80キロ地点前後、第2グループの集団にうまく潜り込んでドラフティングにしながら、左のふくらばきが痙攣してしまい、後退。何とかゴール出来た。
結果は
2:42:10 92位/176
イチマチですが、やはり練習不足です。又はロード駆け引きの経験を積み重ねる必要でしょう。
それはスピード感があって、面白かった。
新東名レースは一生に一度なので、美しい富士山が見えて、ペダルを踏むことを喜んだ。
ママチャリエンデューロに応援したが、ろう者が大勢いて、ビックリ。久しぶりに再会が出来て、良かった。
「ろう」であることを示す為の黒と赤の帽子を貸してもらい、受付に手話通訳者がいて、理解する事が出来て、素晴らしいレースでした。

第一次強化選手選考会レポート

日本サイクルスポーツセンターは約18年ぶりです。
コースは登りがあって、ダウンヒルは攻めるコーナーリングが出来るので、結構面白いです。昔、タイム10分を切ったが、今回は10分台目標でした。
昨日のレースで脚の疲れが残った。やはり練習不足か回復力が遅くて、歳のせいか?
本番スタート後、第一コーナーから登る時に、重いギヤを踏めなかった。ヤバイ。
結局、11分台…。ダメだね。
昔は体重は65kgでしたが、今は71kg。その分、重いかもしれない。
これから、ダイエット集中するんだ。
早瀬久美さんがストップウォッチ10台用意してくれた事を感心した。

歳に関して、2002年パリダカールラリー参戦時、F1ドライバーの片山右京さんと知り合った。周りの人から片山さんとそっくりと言われた。モータースポーツ、登山、自転車。
年齢は私より2年上です。片山さんが積極的に頑張っているの姿を見て、私も頑張らなくちゃと思った。
ドラえもんにお願いして、若く戻って、レース表彰台にあがりたいです!笑
これからも努力と練習のみです。身体の改善etc。
選手選考会のおかげで選手の皆さんもそれぞれに全力を尽くした素晴らしかった。
事故、ケガもなく無事に終えて何よりです。
スタックの皆様、本当にありがとうございました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日〔大野奈南子〕

新東名サイクリングの部、リポート

選手のみなさん、レース&練習会、お疲れ様でした。

新東名サイクリングは、89キロ。

途中にエイドステーションが3箇所あり、バナナ、みかん、おにぎり、ペットボトルのお水が貰えます。みんな、自転車から降りて休憩してましたが、もちろん、止まらずに通り過ぎてもOK。

また、撮影ポイントもあり、富士山をバックに写真撮影ができます。

参加者は、友人や家族、またはチームで写真を撮りながら、のんびりと走っていました。

コースは、前日に行われたレースと同じなので、「みんな、昨日は、ここを走ったんだなぁ」と思いながら、サイクリングを楽しみました。

高速道路を走れるという珍しい機会。路面もスムーズで、景色も良く、とても気持ちよく走れました (^-^)

途中、エイドで2回休憩し、写真も撮りながら、友人とおしゃべりしながら、のんびりと走っていたのに、最後は脚がパンパンに。

自分の筋力&スタミナの無さに、情けなくなります…。

ホント、レースで駆け引きをしながら、95キロもの距離を走る選手のみなさんって凄いなぁと痛感しました。

レース報告を読んでいると、レースに参加したくなりますね。

これからも、ロングライドのイベントに参加しながら、少しづつレースにも挑戦したいと思います。

みなさん、お疲れ様でした!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日~27日〔土井寛子〕

【ふじのくに新東名レース(95km)】
愛車の名前はヘッケル号。もともと、トライアスロンをやっている私はロードレースへの参加経験がまだ浅く、しかも集団やドラフティングに慣れていない状態。
スタート前は集団について行くと意識したものの、レース中は約10km手前で自然と引き離されてしまい、そこからほとんど一人で走りながらの完走でした。

【選考会合宿】
修善時にあるサイクルスポーツセンターで、アップダウンのテクニカルな5kmコースを2周走るタイムトライアルを計ってもらい、タイム的には1周目と2周目のラップと共にあまり変わりはなかったが、次回のタイムトライアルに向けての目標タイムができました。

【2日間から得たアドバイスと課題】
◇ロードレース中、集団の中にいる前方のタイヤを気にするよりも、うまい人と下手な人の見分けの判断がとっても大切。
◇トライアスロンはトライアスロン。ロードレースはロードレース。という頭の切り替えをして、集団&ドラフティングに慣れていきたい。
◇1月のタイムトライアルでは13分台を更新して、12分台前半に近い記録を出せるようにバイク練習をもっと増やしたい。

今回、とりまとめをして下さった箭内君、選考会の審判員と記録係を担当して下さった早瀬憲太郎さんと久美さん、そして監督の峰さん、いろいろありがとうございました!

次回の選考会合宿も頑張ります!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日〔簑原由加利〕

修繕寺CSCで選考会が行われました。

このコースは、JCRCに初めて出場し、完璧にダメになったという結果で悔しさが印象に残っている修繕寺コースです‥。(JCRC…日本サイクルレーシングクラブ協会)

まず一周目には、ガンガン走り出して、風もなく誰もいない広い路面が濡れてなく、集中力アップできていた。

ペダリングうまく踏めましたが、
2周目に入ったところ、心拍が180を超えてもうスタミナ切れてしまいました。
脚が動かない…。
この先は上り坂が見えるのに、辛くなった。
とりあえずギア変換しダンシング準備してケイデンス(50)維持しました。意識すると、心臓曰わくバッテリー切れちゃておりますと。

けっこうきつかった。
タイムを見ると一周目と比べ、遅れてました。

やっぱり、練習を積み重ねてきた私は今なんですけど、まだ足りない。
もっと頑張ります。
課題は、ギアチェンジのタイミングに慣れること。スタミナを増強すること。

次回のレース大会は12/11にありますのでそれまでに持久力や瞬発力を身につけるよう練習に取り組みます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »