« 2011年11月13日〔箭内秀平〕 | トップページ | デフサイクルフェスティバル2011 雑誌掲載! »

2011年11月15日 (火)

【アジア大会】日本代表選手選出までの流れ

第7回アジア太平洋ろう者競技大会(韓国2012)の自転車競技日本代表選手選出までの流れについて詳細が決定されました。強化選手選考会結果は当協会WEBにてお知らせします。

【日本代表選手選出までの流れ】
① 強化選手選考指定レース[2011.11.26(土)]参戦
② 第一次強化選手選考会[2011.11.27(日)]開催
③ 強化選手選考指定レース及び第一次強化選手選考会成績より強化A選手,強化B選手を決定
④ 第二次日本代表選手選出会[2012.1.7(土)、8(日)]開催
⑤ 第二次日本代表選手選出会での成績と監督推薦により強化A選手、強化B選手の中から日本代表選手を決定
⑥ 監督推薦は普段の練習会及びレース実績から世界選手権カナダ大会のリザルト及びJCRC(日本サイクルレーシングクラブ協会)の基準をもとにドラフティング技術,スプリント能力,エンデュランス能力,登板能力,スタミナ,潜在能力,各種目適正などを考慮する。ただしある程度の基準に達していないと判断した場合は,候補者無しになる場合もある
⑦ 日本代表選手として男子3名補欠1名を選出。女子1名補欠1名を選出

【強化選手選考指定レースについて】
・2011.11.26(土)に行われる「ふじのくに CYCLE FES. 2011 in 新東名」を強化選手選考指定レースとする。
・この大会は国内のトップ選手や実業団選手、アマチュア選手が各カテゴリーに分かれて約100kmを競うロードレース(約1000人参加)。当協会より13名がエントリー。
・折り返し点でトップ選手より5分遅れた時点で足切り。
・50キロのタイム及び100キロのタイムを参照。順位は問わず。

【第一次強化選手選考会について】
・2011.11.27(日) 「日本サイクルスポーツセンター」で第一次強化選手選考会を開催。
・JCRCで行われているレース基準をもとに1周5キロのコースを個人タイムトライアル形式で2周してタイムを競う。日本サイクルスポーツセンターの標準タイムは1周10分台。
・男子エントリー[曽我匡選手 今村信也選手 得利雄介選手 一条厚選手 藤野幹彦選手 宮田大選手 田村聡選手 箭内秀平選手]予備エントリー者11名中8名が第一次選考会に参加します。残りの3名は、青野伸一選手、陶山健一選手、早瀬憲太郎選手です。
・女子エントリー[簑原由加利選手 土井寛子選手]計2名

日本ろう自転車競技協会ナショナルチーム本部事務局担当 箭内秀平
※ナショナルチーム本部は2011年8月14日に行われました日本ろう自転車競技協会総会にて,当協会内での設立を正式に承認されました。
[部長:高島 良宏 本部選考担当:早瀬 憲太郎 本部事務局:箭内 秀平(選手兼任)監督:峰 武史]

« 2011年11月13日〔箭内秀平〕 | トップページ | デフサイクルフェスティバル2011 雑誌掲載! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1462763/43024238

この記事へのトラックバック一覧です: 【アジア大会】日本代表選手選出までの流れ:

« 2011年11月13日〔箭内秀平〕 | トップページ | デフサイクルフェスティバル2011 雑誌掲載! »