« 2011年10月9日〔箭内秀平〕 | トップページ | 2011年10月16日〔得利雄介〕 »

2011年10月20日 (木)

2011年10月16日〔宮田大〕

JCRC群馬のレポートです。

1周遅れのDNFでした。悔しいです。色々な悪コンディションでしたが、その中できっちり結果を出す事が本当の強さだと思います。
昨年は2周遅れてのDNFだったのですが、出場したクラスのレベルが、いつになくちょっと高かったという面もありましたが、色々と反省する面がたくさんあります。

反省点ですが
○レース前の準備を早く済ませて十分なアップが出来なかった。慌ただしくて時間が足りず1周6キロしか走れなかった(*_*)

○2日連続で寝不足の体に加えてが、早朝から慣れない車の運転で神経を使ってしまい、スロースターターの体がスタートのタイミングに順応しなかった。自分は十分なアップが必要なタイプだと改めてはっきり解った。

○レース前の補給のタイミングがレース直前すぎて半分の4周目まで吐きそうなまま走ってました。2周目あたりで平坦な直線で20〓/hを切るくらい、スピードダウンしてしまったくらい急激な落ち込み。リタイアを考えたくらい。でもDNFになってもいいから最後まで走ろうと気持ちを切り替えて走った。
十分な時間を取った補給が必要。当たり前にやっていた事が今回のレース当日は出来なかった。

○雨で濡れていた路面に恐怖心があって突っ込んだコーナリングが出来なかった…こないだの練習ではコーナリングの恐怖心が消えたと思っていたが、消えていなかったですね…あと集団走行で気持ちが後ろ後ろになってしまい、それが集団から離れてしまう要因の1つ。闘志を持って集団走行に臨みべきだと思いました。じゃないといつまで経っても、とても上位には食い込めません。

スタート直後の下り坂で集団から離れてしまい一人旅と相成り、4周目から調子が上がってきましたが、もう既に手遅れ。

色々な悪条件でも結果を出せるような勝負強さは非常に大事ですが、レースに参加するならコンディションをきちんと整えて余裕のある会場入り、きちっとアップしてレースに臨むようにしたいですね。
マイナスな事ばかりですが、プラスな面もあります。
今回の良かった所は苦手な登坂に成長を感じた事。急なZ坂でもグイグイ他の選手に負けなかった事です。昨年は凄くキツいと感じた登坂でしたが、今回はクリア出来たと思います。

まだまだクリアすべき課題がたくさんありますが、課題を持って練習をしたいと思います。

« 2011年10月9日〔箭内秀平〕 | トップページ | 2011年10月16日〔得利雄介〕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1462763/43947706

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年10月16日〔宮田大〕:

« 2011年10月9日〔箭内秀平〕 | トップページ | 2011年10月16日〔得利雄介〕 »