« 2011年10月23日〔得利雄介〕 | トップページ | 2011年10月23日〔宮田大〕 »

2011年10月24日 (月)

2011年10月23日〔箭内秀平〕

川崎エンデューロ レポート(箭内)

昨日は、JDCAのロード戦士とMTB戦士が一致団結して今大会に臨んだ。私が出場したカテゴリーは、車種混合。つまり、箭内はMTB、宮田さんと青野さんはロード。

私のMTBで、どこまでロードについていけるか楽しみにしていた。しかし、ロードは速い速いw トレーニングのつもりで、全力でもがき、MTBでロード選手を抜くときの快感が病みつきになってしまった。ロード選手は、「極太ブロックタイヤに負けたら、自分の国に帰れなくなる」的な表情で追い上げてきた。私も必死で、食らいついていった。そのとき!!麻薬を打たれたかのように体が軽くなった。そう、私はドラフティングというものを初めて経験した。MTBの世界ではなかなかできないことだから、集団に入りその中で駆け引きすることの面白さを今大会で味わうことができた。

途中の結果を見たら、なんと5位に。遊び半分でやってきたが、この時から仲間たちの目が変わった!追い上げて、青野さんはベストラップを刻み、ラストアンカーは宮田さん。粘りのある走りで、見事ゴール!結果は、3位。ロードとしては、初の表彰台へ。日本ろう自転車競技協会の歴史に新たな1ページを作ることができた。また、私たちが表彰台に上がったことで、多くの人たちに、ろうのことをアピールできたのも大きかった。

一方、驚異的な回復力を有する得利くんを筆頭に、それに負けじとプライドを見せた一条さん、ひたむきな向上心をもつ簑原さんの走りも素晴らしかった。やはり、世代を超えてお互い刺激し合えたり、和気あいあいできる仲間の存在は大きいなぁ。2位おめでとう!!

今回のロードの走りを間近で見ることが出来、省エネなフォームやダンシング技術など、MTBに取り入れたいものばかりで、とっても良い勉強になった。来年は、「金」しか見えない(笑) 今回応援に来てくれた、青野さんの奥様も来年は是非!(笑) 応援ありがとうございました~。

ちなみに、私は10月29日に「MTBメリダ・ミヤタカップ」に出場。気持ちがある限り、まだまだ強くなれる!頑張ります~(^^)v

« 2011年10月23日〔得利雄介〕 | トップページ | 2011年10月23日〔宮田大〕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1462763/43947911

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年10月23日〔箭内秀平〕 :

« 2011年10月23日〔得利雄介〕 | トップページ | 2011年10月23日〔宮田大〕 »