« Super MountainBike CUP シリーズ第5戦 | トップページ | 2011年9月23日〔峰武史〕 »

2011年9月23日 (金)

2011年9月23日〔宮田大〕

下総クリテリウムに出た際のレポートです。

10日間風邪で寝込んだ1週間後に下総クリテリウムに出場してきました。

直前3日しか練習出来ないままの出場。これを言い訳にしたくはないのですが、体調も調整も万全でなく、出場するか迷ったけれど、まあ楽しんで走ろうと思い、出場に踏み切りました。とはいえ、出るからには燃えてしまうのが私の性分(^-^;手を抜かずめいいっぱい走って来ました。

練習不足をカバーしたく駅から会場への14キロの道のりを、ウォームアップがてらに自走。会場についてからも試走を7キロ。計21キロ。

コースを試走の時は38〓/hをキープ出来、今日は調子は悪くないと思いました、平坦に近い緩やかなな坂が二ヵ所。スピードのあるレース展開を予想。

朝イチにTT(タイムトライアル)1.4キロに挑戦しました。
スタートしてクリークがすぐはまらずスタート失敗。なんとか最高速44〓出ましたが、やはり走り込みが足らないのか中盤に失速。

結果平均38.27〓/hしか出てませんでした。40は出したかったです。トップからは27秒差、悔しいと思いました。走り込みが足らない影響で太股の乳酸が出てしまった。44〓を無理に出した影響か…タイムトライアル後にクールダウンに軽くペダルをぐるぐる回してもなかなか取れない。

1.5キロを10周するスポーツ〓クラスのレースが始まる前にもアップに3周したが、乳酸が取れないままレーススタート。

集団の中に混じって頑張ってついていこうと思ったが、中にも入れず後ろにつけたままで2周半しかもたなかった。前半まだ後ろにつけている時に脚が余るので前につけたくて前に行こうとしたが、前を空けてくれず、そこが集団走行の難しいところ。やはりスタートは出来るだけ前に位置したいと思う…後は40キロスピード走行中に集団の中に入る勇気をつけたい。やはり場数を踏む必要も…

2周半過ぎたあたりから集団から千切れて自分との戦いになってしまいスピードも段々落ちてしまいました。しまいには太股の裏側の筋肉がつってしまいました。やはり練習不足を痛感。

結果は1周遅れのDNF。記録無し。

40〓/h台でも息づかいや心拍にも余裕ある強い心臓、スタミナをつけられるような練習をしなきゃ…今の自分のレベルでは集団走行で我慢出来るスピードは38〓/hがせいいっぱい…

3ヶ月骨折や風邪でダウンしてなかなか練習が出来なかった不運はあるものの、それ以前の走り込みの基礎があれば今日の結果はまだ違っていたものになったと思います。

普段からの走り込みがいかに大事だということがわかった1日でした。。
というわけでレース後は会場から自宅までの65キロを今日のレースの反省しながら自走して帰りました。本日のトータル走行は105キロ。

来週、2日間で箱根&伊豆500キロ走破にチャレンジします。

宮田 大

« Super MountainBike CUP シリーズ第5戦 | トップページ | 2011年9月23日〔峰武史〕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1462763/43947501

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年9月23日〔宮田大〕:

« Super MountainBike CUP シリーズ第5戦 | トップページ | 2011年9月23日〔峰武史〕 »