« 2011年6月19日〔箭内秀平・早瀨憲太郎〕 | トップページ | 過去にいた!お尋ね・・・ »

2011年6月21日 (火)

2011年6月10日~15日〔今村信也〕①

◎106キロロードレポート
6月10〜15日にカナダ世界ろう自転車競技大会があって日本からは初めて世界選手権に4人が出場しました。実際は8年間くらいずーっと待ってました。デフリンピックでオーストラリアも台湾とも出たかったが日本ろう自転車競技協会がなかった為、出ることが出来ませんでした。何度も申請したが5人以上(理事長、総務部長など)登録しないと設立が出来ないようです…気持ちは諦めてから7年になって去年、東京にある日本ろう自転車競技協会の設立するって噂が聞いて驚きました。本当に奇跡です。世界ろう選手権に出れたのはみんなが集まってくれたおかげです。本当に感謝してます(^-^)106キロロードに出場しました。そのコースは山とか登ったりなどのイメージが思いました…がイメージが違ってサーキットみたいなコースで25周回るようでしたΣ(゜□゜;)ガーン
試走で走って見ると走りやすいな…と思ったら最後の急勾配(12%)な上り坂がありました(゜Д゜)さらに25周って心臓破りになりそう…(^^;)集団で離れたらもう追いかけないので千切れないように頑張るしかないと願えました。
スタート開始!!
あれ?ゆっくりになってる。まわりも見ると宮田さんや田村さんも一条さんもついて来てます。
よしよし\(^_^)笑
さて、上り坂とこ行くといきなり集団がアタック!?(゜Д゜)
千切れないように集団で追いかけて無事にホッとしてまわりが見ると宮田さんと田村さんと一条さんまで…いなかった(p_-)泣
上り坂だけじゃなく下り坂や平地などもアタックにしてくる。いつにアタックするかわからない。アタックしてる選手に無理な追いかけると足が疲れて最後に千切れるなど可能が高いから注意する必要です。
でも、ヨーロッパやアメリカなど何度もアタックしてくる(/_;)持久力だけじゃなく瞬発力が必要みたい。でも、日本から応援をしてくれてる皆さんと今まで練習で重なっていたのことを思い出して走るしかないと思い集団に追いかけました。
3周目で上り坂へ
アタックしたらまだ、3周目なのになぜが…右の脹ら脛が痙攣になってる…(T_T)待てよ。身体はまだ、走れるのに…なんで!痙攣!?とパニックになりました。痙攣ならないように抑えて走ってるがずーっとピクピクになってなかなか、抑えない状態です(TOT)原因は飛行機や車などの1日半くらい座り続けたせいかサドルが高すぎたせいか体調が悪いせいかわかりません。
上り坂に行くとさらにピクピクなり苦しい戦いでした。8周目まで集団に追いかけましたが右の脹ら脛はもう限界で少しずつ離れて9周目の上り坂から見事に千切れました(p_-)
少し心が折れたがみんなが頑張れ頑張れと応援してくれると気持ちが強くなって諦めず独走で走りながら17周目まで頑張ったが周回遅れで終了しました。
完走が出来ず残念です。
痙攣がなければ…まあ、結果は結果です。
でも、今まで健常者のロードレースにチャレンジしてきて世界ろう選手権は違っていい勉強になりました。

« 2011年6月19日〔箭内秀平・早瀨憲太郎〕 | トップページ | 過去にいた!お尋ね・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1462763/40480699

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年6月10日~15日〔今村信也〕①:

« 2011年6月19日〔箭内秀平・早瀨憲太郎〕 | トップページ | 過去にいた!お尋ね・・・ »