2012年6月 1日 (金)

【アジア大会】大会関連のウェブサイト

全日本ろうあ連盟のWebおよびアジア大会のWebにも大会の様子が載っています。
アジア大会のWebはハングル語ですが、一番右上の『ENGLISH』をクリックすれば、英文バージョンに切り替わります。
自転車競技の動画もあるのでぜひ見てくださいね。

■アジア大会サイト
http://www.seoul2012.com/

■全日本ろうあ連盟
http://www.jfd.or.jp/sp/sp-int#apgd

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月31日 (木)

【アジア大会】2012年5月31日:50kmポイントレース

本日の50kmポイントレースのリザルトです。
8位までが入賞です。

優勝 台湾
2位 オーストラリア
3位 韓国
4位 イラン
5位 韓国
6位 台湾
7位 日本 今村選手
8位 日本 箭内選手

最後のレース,つぶれるまで走り抜きました。

20120531

今夜は自転車競技のみのパーティです!
男子選手と今回なくなってしまった女子レースの簑原&土井が出席し,特に女子選手のアピールをしてもらおうと思っています☆

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

【アジア大会】2012年5月30日:100kmロードレース

100kmロードレースはまた迫力あるレースでした!
チームワークが大切なレースなので,日本勢はエースの今村選手を支えて走り抜きました!

さてリザルトです。
優勝 台湾
2位 オーストラリア
3位 台湾
4位 日本 今村選手
5位 韓国
6位 韓国
7位 韓国
8位 日本 箭内選手

宮田選手,一条選手もアシストしてエースの今村選手を4位に押し上げたのがとてもよかったです。

20120530

明日は最後の種目,50kmポイントです。
最後ですので、またまたみなさんエールをお願いします!!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

【アジア大会】2012年5月29日:35kmTT

今日は35kmTTでした。

 6位 今村選手
10位 一条選手
11位 箭内選手
12位 宮田選手

日本チームとしては今村選手で勝負をかけましたが,コースを強引に渡る通行人がいたなどで少しタイムロスが出てしまいました。
箭内選手,宮田選手は明日の100kmにむけて脚を温存するためにセーブしてゆったりと走ってもらいました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

【アジア大会】2012年5月28日:1000mスプリントレース

本日は1000mスプリントで,5カ国(日本・韓国・台湾・オーストラリア・イラン)12人でした。
結果ですが入賞は8人までで

優勝 韓国
2位 韓国
3位 台湾
4位 オーストラリア
5位 日本 今村信也選手
6位 韓国か台湾
7位 台湾か韓国
8位 日本 箭内秀平選手

です。
明日以降の長距離を狙って行くため、今日のスプリントは八割セーブ状態でいきました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

【アジア大会】2012年5月26日:オープニングセレモニー

アジア太平洋ろう者競技大会オープニングセレモニー。
大会にはアジア35カ国2500名の選手が出ます。

オープニングにはエースの今村選手を始め,箭内選手,宮田選手,一条選手が行進に加わりました。

20120526

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

【アジア大会】日本代表辞退

5月12日のレースで落車してしまいました。
病院で診察し、病名と入院や手術について判明しました。

病名「右肩鎖関節脱臼」です。

入院は5月17日からで手術は5月18日に行います。

皆様、心配や励ましのメールを頂き、ありがとうございます。

5月末から行われるアジア大会については、残念ながら辞退する形になります。
このような結果になりましたが、1日でも早く自転車競技に復帰できるように努めたいです。

得利雄介

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

【アジア大会】日本代表合宿〔宮田大〕

最後の強化合宿に参加した選手、スタッフの皆さまお疲れ様でした。

強化トレだけではなく、戦術、レースには欠かせない各選手のコミュニケーション、競技中のメンタルの話、ボディメンテナンスなどの話もたくさん出来てJAPAN戦士たちにとっでも有意義のある強化合宿だったと思います。

うちは記録を更新した?という一日目のタイムトライアル後に気持ち悪くなって突っ伏してしまったけれど、やはりどんなにキツくても、その姿を相手には見せない。それは大事な事だなと改めて思いました。

ここ半年エースの今村さんに追いつけ追いつけとメンバーのみんな頑張ってきたのを見てきました。確かにみんな進化して強くなりましたが今村さんも凄く進化してました。
明らかにカナダ時よりもチーム全体のレベルが上がってきていると実感してます。

前回の合宿やレースでは速度50キロ台後半が精一杯だったコースて、ポイントレースで何回も速度60キロオーバーが出せた事は自分でもビックリしました。このポイントレース練習は韓国で行われる本番の50キロポイントレースに向けて大きな自信になりました。

バッドコンディションでもそれなりに結果を出せた事は今後にも繋がる自信になったと思う。

詳細は箭内くんのメーリングにも流れてましたけど2日間にわたって行われたタイムトライアル、バンチャー練習、ポイントレース、どれもしんどかった(笑)ポイントレースで何度か先行して仕掛けて逃げ切ろうと思っても捕まってしまい悔しい思いもした。もがいてもがいて…韓国に向けて良い刺激のある練習でした。

セッティングしてくださった早瀬さん、一人ひとり身体を見てくれたり講義を行った平田さん、ペースメーカーを買って出た曽我さん、皆さんありがとうございました。

1番高い色のメダルを獲るためにも選手もスタッフも峰ジャパンの戦士、一体感をもって戦い抜いていきましょう!

宮田大

| コメント (0) | トラックバック (0)

【アジア大会】2012年5月4日~5日〔宮田大〕

最後の強化合宿に参加した選手、スタッフの皆さまお疲れ様でした。

強化トレだけではなく、戦術、レースには欠かせない各選手のコミュニケーション、競技中のメンタルの話、ボディメンテナンスなどの話もたくさん出来てJAPAN戦士たちにとっでも有意義のある強化合宿だったと思います。

うちは記録を更新した?という一日目のタイムトライアル後に気持ち悪くなって突っ伏してしまったけれど、やはりどんなにキツくても、その姿を相手には見せない。それは大事な事だなと改めて思いました。

ここ半年エースの今村さんに追いつけ追いつけとメンバーのみんな頑張ってきたのを見てきました。確かにみんな進化して強くなりましたが今村さんも凄く進化してました。
明らかにカナダ時よりもチーム全体のレベルが上がってきていると実感してます。

前回の合宿やレースでは速度50キロ台後半が精一杯だったコースて、ポイントレースで何回も速度60キロオーバーが出せた事は自分でもビックリしました。このポイントレース練習は韓国で行われる本番の50キロポイントレースに向けて大きな自信になりました。

バッドコンディションでもそれなりに結果を出せた事は今後にも繋がる自信になったと思う。

詳細は箭内くんのメーリングにも流れてましたけど2日間にわたって行われたタイムトライアル、バンチャー練習、ポイントレース、どれもしんどかった(笑)ポイントレースで何度か先行して仕掛けて逃げ切ろうと思っても捕まってしまい悔しい思いもした。もがいてもがいて…韓国に向けて良い刺激のある練習でした。

セッティングしてくださった早瀬さん、一人ひとり身体を見てくれたり講義を行った平田さん、ペースメーカーを買って出た曽我さん、皆さんありがとうございました。

1番高い色のメダルを獲るためにも選手もスタッフも峰ジャパンの戦士、一体感をもって戦い抜いていきましょう!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

【アジア大会】日本代表合宿〔箭内秀平〕

5月4日~5日まで、修善寺サイクルスポーツセンターにて最後の代表合宿が行われました。
代表選手として、今回の合宿のレポートを書きたいと思います(^^)

まず、1日目はタイムトライアルとチーム戦術の確認。
4Kmを3周走るのですが、意識したポイントは、長い下りから一気に登りに入るところです。
つまり、下りでは時速65キロで走り、スピードを殺さず一気に登りへ。慣性力を活かした走りが省エネにつながるので、とにかく走りにメリハリをつけて、貪欲にペダリングしました。MTBのペダリングと、ロードの中速トルクの相乗効果で、自己タイムを大幅に更新できました。かなり今村さんに近づいていったと思 ったら、今村さんもかなり進化していました(笑)とにかく、代表メンバー全員が自己記録を更新できたことは、身体が徐々に仕上がってきている状態なので、本当によかったです。

チーム戦術については、今村さんがカナダの経験をもってレクチャーしていただきました。パンチャーといって、誰かが一人集団から飛び出て、その人を追いかける練習をしました。ただ、食らいつくだけでは相手の思うつぼなので、顔の表情や動きを察知しながら、自分のエネルギーをどれくらい使うか、考えるのですが、これも難しかったです。なぜなら、今村さんの人間観察力が長けており、かなり振り回されました(笑)しかし、最後までパンチャー今村についていけたことは自信につながりました。

2日目は、ポイントレースを想定したレース。これも初めての経験であり、韓国に行く前にやっておいて良かったと思います。1周のうち2地点でポイント奪取があるのですが、その地点でもがく必要があるので、実質高負荷インターバルトレーニングと同じです。まず、集団でゆっくり走り、ペースメーカーの曽我さんの合図で猛ダッシュ。たくさんのポイントを稼げば、あとは譲ってもオッケーという頭脳勝負。今回は、40キロポイントレース。かなり長く、辛いインターバルでした。まずは、得利をじらしてやろうと思い、始めはポイントをとらせるべく全力で走らせました。3・4周目あたりから、疲れてきている得利を狙って、アタックしましたが、得利を抜いたのは、2回だけでした。
回復力が凄かったです。宮田さんも平地では時速60キロを超えて、ルーラーの本領発揮ときたか、猛烈なスピードで追いかけてきました。私は、坂のところでポイントを稼ごうと思ったが、得利のパンチャー力についていけなかったのと、平地で宮田さんがかなり迫ってきたこともあり、自分の足りないところが明確にわかったレースでした。10周目に入るとき、一条さん最後までみんなと一緒にやっていたことは、自分も刺激になりました。

韓国まで、あと残り3週間くらいです。昨日まで、世界ろう卓球大会を見ましたが、世界一に輝いた上田萌選手、また2位だった佐藤さんのメンタリティコンディショニング方法を間近で学ぶことができました。中国人の挑発にのらず、常に自分を信 じて自分の卓球をやっていました。あれが、国際舞台に必要なスキルですよね!あと3週間ですが、練習内容はもう決めてあります。まず、平地で時速55~60キロのハイスピードインターバルトレーニングの実施、メンタルチェックなどを中心に、更に仕上げていく所存です。

代表合宿は終わりましたが、スタッフの方々と一致団結してアジアで強い「峰JAPAN」を見せつけたい!!
今回の合宿をとりまとめてくださった早瀬憲太郎さん、2日間にわたってサポートや講習会をしていただいた平田トレーナー、ペースメーカーなど協力してくださった曽我さん、ありがとうございました。

代表のメンバーも、とにかく怪我だけはしないで、最後まで刺激し合って、頑 張っていこうぜ!!(^^)/

箭内 秀平

| コメント (1) | トラックバック (0)